よくあるご質問

各種専門的なご質問やご相談は、管轄する自治体、関係機関の担当窓口にお問い合わせいただくことをおすすめいたします。
内容別に問い合わせ先情報をこちらのページにまとめています。お問い合わせの際、どうぞご活用ください。

解体工事の関係省庁一覧リストはこちら

建物以外の工事について

弊社では、ブロック塀のみも十分に対応可能です!

弊社では、十分に対応可能です!

弊社では、十分に対応可能です!

弊社では、十分に対応可能です!

また、買い取りや引き取りをご希望の場合は、設置した業者に依頼するか、買取業者に依頼されると良いでしょう。

弊社では、十分に対応可能です!

弊社では、十分に対応可能です!

全て手配いたしますので、お任せください!

弊社では、十分に対応可能です!

全て手配いたしますので、お任せください!

弊社では、十分に対応可能です!

全て手配いたしますので、お任せください!

建物以外の解体工事について

弊社では、ブロック塀のみも十分に対応可能です!

弊社では、十分に対応可能です!

弊社では、十分に対応可能です!

弊社では、十分に対応可能です!

また、買い取りや引き取りをご希望の場合は、設置した業者に依頼するか、買取業者に依頼されると良いでしょう。

弊社では、十分に対応可能です!

弊社では、十分に対応可能です!

全て手配いたしますので、お任せください!

弊社では、十分に対応可能です!

全て手配いたしますので、お任せください!

弊社では、十分に対応可能です!

全て手配いたしますので、お任せください!

各種手続きについて

リサイクル法の届け出には下記書類が必要です。
・届出書
・分別解体等の計画表
・案内図(工事現場付近の見取り図)
・建物全体がわかる設計図または写真
・解体工事の工程表

届出書や分別解体の計画表の書式は各自治体によって異なります。各都道府県のホームページ等で確認できます。作業内容や工程など記載内容でわからない箇所は業者に確認しましょう。
また、施主(工事依頼者)以外の代理者が届け出を行う場合は委任状が必要です。

できます。
事前手続きは解体工事が始まる7日前までに届け出が必要です。また建物の構造によっては追加で届け出が必要な場合があります。
届出書の書き方や手続きの注意点をまとめた記事がありますので、参考にしてみてください。

あります。
届け出をしない、もしくは虚偽の内容を届け出た場合、20万円以下の罰金が課せられることがあります。
建設リサイクル法の概要や罰則については下記のページを参考にしてみてください。

補助金(助成金)申請の際に必要な書類はご自身で用意できるものと、解体業者に作成をお願いするものがあります。提出書類は各地域によって異なりますので、解体工事を行う地域の自治体ホームページをご確認ください。
地域別の補助金情報をまとめたページがありますので参考にしてみてください。
「解体費用を抑える補助金情報」一覧ページはこちら

滅失登記申請には下記書類が必要です。
・建物滅失登記の申請書(法務局で入手可能)
・取り壊し証明書(工事後、解体業者が発行)
・解体業者の印鑑証明(取り壊し証明書と同時に解体業者に依頼)
・解体業者の資格証明または登記簿謄本(自治体によっては不要な場合もあります)
・解体現場の周辺地図(グーグルマップや地図帳のコピー)

司法書士や土地家屋調査士に依頼する場合、代行費用が3~5万円かかりますがご自身で行えばもちろん依頼費用はかかりません。
ご自身で申請を行う際の手順を下記のページでご紹介しています。

解体工事について

原則不可能です。
解体費用の支払いは着手金、完工金で分かれているケースが多いです。
依頼する解体業者にご確認ください。

 

施工している工事を確認・指導できるのは、地域の役所のみです。
ですので、市役所または区役所の建築指導課にご連絡していただき、確認・指導をしてもらえないかご確認ください。

リサイクル法の届け出があり、解体工事を行う上で適切な分別を行わなければいけません。
処分も同じく分別処分をしなければいけないので、業者に依頼したほうが適切です。

nisshoをフォローする
山梨県甲斐市の家屋解体は格安な日昇解体へ
タイトルとURLをコピーしました